ちん道中

趣味(仕事、遊び、色事、暇つぶし、全てでんな!)にまつわるオモシロ話です。

プロフィール

  mちん (新潟市在住)

Author:  mちん (新潟市在住)
趣味のために働く人間でございます
趣味が無ければ仕事も手に付きません
H20年が本厄だった○○才のオヤジです
今のところの目標は生涯ライダーです
ちなみに私は犬ではりません
はずかしいので愛犬ビースケに代って貰いました

最新トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

CGC斑毛エンデューロ

率直な意見は
「エントリフィー高! エントリー台数多過ぎ!! ホテル代 安!!!」
です


mちんです



蕨を五千円分採ったから許してやるか(誰を?)








本日は長野県は斑尾高原に位置するスキー場でエンデューロに参加してきました。
クラスは2クラスあり比較的多目に周回出来る「さわやかクラス」と1周出来たらヒーロー的な「ゲロゲロクラス」に分かれています。
私は、本音は「ゲロゲロ」に出たいのですがヒジ痛が禿しく痛いので「さわやか」にして貰いました。
ただ、スタート前にザ・ヤク!!を挿入して走りましたがまったくもってヒジの痛みを感じませんでした。
悔やまれます、次からはこのザ・ヤク!!作戦でいきます。

さて、今回の参加車両はTY-ZS改(シート装着仕様)、一般市販の古いトライアルモデルです。
サスや減速比はハイスピードには対応しておりません、ギャップが深くなるとサスが前後底付きして怖くてたまりません><
実際ずっと2速固定(普通のマシンだと1速の領域)でハエが止まるくらいチンタラ走っておりました。

で、結果は101台中38位。
普通のエンデューロならほぼビリに近いスピード域の走行、それにスタートが6台づつのゼッケン順でしたので♯76の私はスタートからかなり後ろでしたし、しかしこのレース、難所が4ヶ所程あったお蔭で何とか真ん中よりは上に行けた様です。
見ていると4台に1台は失敗するヒルクライムが2ヶ所、6台に1台はハマるヤチが2ヶ所ありましたので、ここで一度も引っかからずに進めたので良かったのかなと思います。
本当はもう少し早く走っても大丈夫そうなのですが1週目で既に腕と息が上がり、2週目以降は疲れない様に難所以外は全てシッティング、クラッチも握らず、シッティングなのでリヤブレーキも使えないのでハンドリヤブレーキ多用で速度調整、転倒とヒルクライム失敗だけに気を付けて超マイペース走法で淡々と走っておりました。

TY-ZS、低回転が粘るしまろやかですのでズボラにアクセルだけで走っていてもエンストし辛いですし、車体も小さいのでウッズのややこしいところで皆さん転ぶ様なところでも足をつきながらどんどん進んでくれるんですな。
それにヤチに出来た深い轍もスリムな車体のお蔭でストップ知らず、今回は本当に楽できましたな(スピード区間以外)。

まあ、トップが11周もしてしまうハイスピードな展開でしたので結果を追う訳にはいかないみたいですのでもう少し難所が欲しかったかなぁです。
「さわやか」と「ゲロゲロ」の中間みたいなのがあればな・・・

実際「ゲロゲロ」クラスはプロのクラスと言っても過言ではないくらい超ハードなんですよ。
後半の沢登り区間を歩いて見に行きましたが人間様でも歩くのがやっとみたいな大岩だらけの細い沢を歯を食いしばって登ってくるんですよ、それも何百メーターも💦
その他も普通じゃ考えられない激坂、それも超長い!を果敢に登って来るんです。
ちなみに日本で一番のゲロライダーを決めるG-NET選手権併催クラスでありまして、全国からポイント争いをしている選手も多数参加しています(そのかた達のゼッケン色は黒で分けられています)。

ド素人な自分が出たらコース塞いで邪魔で申しワ毛ないって思いもありますので是非とも中間クラスが欲しいですな(;O;)


で、その「ゲロゲロ」クラスに話に入りますが、トップで帰ってきたのは私と同じくトライアル車改でした。
問題の沢にダントツトップで入ってきてすんなり抜けて(抜ける!?)行きましたよ。
次は大きく間を置いて御大ロッシ選手、そのあとに地元?YZ125の選手、黒ゼッケンアヤト選手、監督、TAC選手などトップランカーが続いていきます。
が・・・、その進むスピード どのくらいか分かりますか??
私が歩くのよりもっともっともっと遅いのですよ。
ウチらは理解していますが、一般の人のレースのイメージで考えてもらうと信じられない光景ですよ。
まあ、人が歩いて登るのも困難なところを100kg前後の重りを持ち上げながら進むのですからね、時間かかる訳です。
それにすれ違いも出来ない狭さです、2周、3周した人は神様級ですよね。

結果はトライアル改の一般ライダーが3周でトップ、2位がこれまた3周でG-NET戦を追いかけて全国を回っている黒ゼッケンのアヤト選手、3位は2周でまたも一般のライダーでマシンはYZ125、他、1周したライダーが22人、1周も出来なかったライダーが40人と言う結果でした。

2周終わった時点でYZ125のライダーがアヤト選手より先に3周目に入っていきましたが、抜かれた上にゴールまで戻れなかったのですね。
渋滞の影響?それともガス欠?
G-NETチャンプの常勝ロッシ選手はパンクに始まり最後はエンジントラブルで離脱、ただ今回トップのライダーには万全でもかなわなかったかな?
余りのブッチギリに、コースマーシャル曰く 「トラ車で出るな 空気読め!」って言ってるし・・・・  え???
まあ、オラ クラス違うし・・・(-_-;)



しかし、走り終わるとこんなに楽しく後記も書けますが走っている時は苦しい事、苦しい事。
「もう2度と出ない!」って思いますがまた出てる自分がいるんですな。
ただ、ほんともうグルグル系は遠慮ですかな。
雨で路面がグチャグチャになる様なら話は別ですが、スピード系は腕が上がって長続きしませんよ。
普段、ヒジをかばって生活していますので尚更腕全体が弱くなってますし。

次からは邪魔にならない事だけに気をつけて「ゲロゲロ」に復活致しますよ。





すんまそん
そんな感じの後記でした

次は何かな?
TEAM 禿山
考えよう


抜ける???!!!!
薄い????!!!!





RS
11分くらいで1周してきた5位のライダーがウッズ渋滞で止まってるちぇい!さんをカメラで捉えてるし(12分30秒頃)
と言う事はそのすぐ先にオラもコン也もカツマロ氏もいたんですわ
勝ちに行く人はエントリー早目がええす
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=-AfpdqLMcGI



スポンサーサイト
まとめ

Copyright (C) ちん道中 All Rights Reserved.